読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯科衛生士は理系!そして今日のテストのこと

学校生活

こんばんは~。おしり元気です。

今日は1年生最後のテストを受けてきました。
テストは何歳になってもイヤなもので、テスト勉強を始めると、2分後には気がくるって土を食いそうになります。少女趣味が抜けないので、いちご味の土だったらいいな~と考えたりもします。
 
今日のテストは歯科予防処置という科目で、内容はフッ化物のことが主でした。
よく、虫歯の予防のために「フッ素を塗る」って言いますよね。
それをもっときちんと、科学的に、小難しい言葉で理解するやつです。
「歯がかたくなるよ~」で十分なのに、回答用紙には「ヒドロキシアパタイトの結晶性改善による歯質強化」なんて書かなくてはいけないので、土が何キロあっても足りません。
 
そのテストを受けていて、入学直後に驚いたことがあったなーと思い出したのでそのお話を少ししようとおもいます。
 
「ここが理系の学校だって皆さんちゃんとわかってますよね?」

去年の4月、入学式を終えて、生徒として初めて教室に入りました。ついに新しい生活のスタートです。

わたしは割と冷静な方なので、ドキドキ感もワクワク感もゼロで、むしろ、「これから地獄が始まるぞ……そしてこの地獄は3年続くのだ……」と歯を食いしばりながら席に座ってうつむいていました。

教室では楽しそうにおしゃべりをしている人たちも結構いて、どんな魔法を使って短時間に仲良くなったのか想像もつきませんでした。わたしがインフルエンザで小学校を休んでいた時にそういう授業があったのかな?と思っています。

ちなみに、わたしは何度勇気を振り絞っても隣の席の人に話しかけられませんでした。

完全に教室デビューに失敗したのであきらめてツイッターのタイムラインを更新しまくっていたら、校長が入ってきてつまらないあいさつを始めました。おめでとうとか頑張ってとかそういう感じのやつです。

最初はぼんやりと聞き流していたのですが、突然、衝撃発言が飛び出しました。

 

「皆さんはここが理系の学校だってちゃんとわかってますよね?」

 

ん~~~~????ちょっともう一回言って~~~????

 そうです。医療系の学校なんだから、分類すれば当然理系ですよね。考えてみれば当たり前のことなのですが、わたしは言われるまでそんな事考えてもみませんでした。

「虫歯ってなーに?」とか、「歯磨きはこうやってやるんだよー」とか、そういうことをやる所だろう、というぐらいのボンヤリ認識しかしていなかったので、それを聞いた途端目の前がチカチカしました。

 

カリキュラムの中にも「化学」

1年生のカリキュラムの中にも、「化学」という科目があります。内容はなんと、普通に高校化学です。

わたしは高校で化学の授業を受けた記憶が全くなく、原子と聞いたら原始人がウホウホ言っている映像が浮かぶような状態でした。

それでも最終的には化学反応式くらいは解けるようになったので、これから入学を考えている化学ニガテな人も、授業を聞けば全然大丈夫です。

f:id:oshirigenki:20150323215044j:plain

歯科衛生士専用の化学の教科書

 

ただ、歯科衛生士は理系!ということを知っておくだけで少し心構えが変わってくるかな?と思って書いてみました。

あと、クラスのみんながエー!?化学!?と驚いているときに、すまし顔でフフンとすることができます。

 

わたしはあと2日で1年生が終わりです!!会社はあるけど!!