読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臨床実習が終わりました!!!!!!

聞いてください!!!!!

 

終わったんです!!!!!

 

臨床実習が!!!!!!!!!!!

 

 

うお~~~~~~~

 

去年の9月から始まり、先月の末まで、本当に長い1年間だったとおもいます。

最初の頃はゴールが遠すぎて、真っ暗な森の中を歩いているみたいな気分でした。

 

実習中によく思い出していたのが、子供の時に行ったナンジャタウンのことです。

 

小学生くらいの時でしょうか。

池袋にある、ナンジャタウンという屋内型遊園地に行きました。

ナンジャタウンは、現在はテーマパークとしては落ちぶれてしまった感じがありますが、その頃はまだ、「ナウいスポット」として盛り上がっていたとおもいます。

 

そこに、「お化け屋敷の中を三輪車に乗って進む」というアトラクションがありました。

ぼんやりした子供だったので、勧められるまま訳も分からず入ったのですが、アトラクションと言うよりも「試練」と呼ぶのがふさわしい、過酷なものでした。

 

まず、三輪車が1人乗りです。

一緒に入った家族が出発した後、何分か待機させられ、本当に1人ぼっちで出発します。

そして、怖い仕掛けがある道を、自分1人の力で漕いでいかなければならないのです。

 

さらに、その三輪車の前カゴには子猫が乗っていて、最初は「がんばるニャ~」などと話しかけてくるんですが、ゴールまで時間がかかりすぎると「もうだめニャ~」とか言って死んでしまうんですよね。

それがもう本当に心細くて心細くて、少年マンガのように「死ぬな~~~~~!!!!!!」と叫んだのを覚えています。

 

f:id:oshirigenki:20161006223650j:plain

この世の終わりのような気持ちになった

 

怖いし、子猫も死んじゃうし、マジで最悪。

目を瞑っていれば終わるタイプのものではないので、とにかく自分で三輪車をこがないといつまでも終わらない。

わたしはその状況が辛すぎて、頭が発狂しそうになったのです。

 

実習も、どんなに行きたくなくても「行く」以外の選択肢はなくて、それをやるのは自分で、行ったら怒られて、お金はなくなって、それでもゴールはなかなか見えてこなくて。

「目を瞑って開けたら実習が終わっていたらいいのにな」という妄想を1000回はしました。

でも結局、自分で頑張るしかありませんでした。

淡々とこなすように心がけていたので、頭は発狂せずに済んだ。

 

「実習が終わった後の景色はきっといつもと違って見えるだろう」とおもっていましたが、何も変わりません。

ただ、実習に行っていた分がすべて「学校の授業」に置き換わり、そのままぬるっと、勉強漬けの灰色の日々がスタートました。

早速、成績順でクラス分けをされたりして、シビアな感じです。

 

それでも、もう実習のことを考えなくていいし、実習日誌も書かなくていいんだとおもうと、嬉しくて嬉しくてたまりません。

これからは勉強を一生懸命するぞ!

あの時死んだ子猫もきっと見守ってくれているはずだ!