読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国家試験前日・終了後 写真レポ

国家試験の前日は、会場近くのホテルに泊まりました。

家を出る時にはもう緊張していて、ヒマラヤでも登りに行くような気分になってしまい、かばんにチョコレートを沢山詰め込んで出発しました。

結局1つも食べませんでした。

 

f:id:oshirigenki:20170306120314j:plain

 

会場がある新浦安は、道がだだっ広くて苦手な感じの場所でした。

砂漠を進むみたいで、歩いていると体と心が両方疲れます。

 

f:id:oshirigenki:20170306120250j:plain

 

明るいうちに、会場の下見をしました。

 

f:id:oshirigenki:20170306120224j:plain

 

会場の明海大学です。

ホテルからの道のりや、大学の中を軽く探索しておくだけで、試験当日はかなり安心できました。

初見の場所に行くのって、ストレスですよね。

 

f:id:oshirigenki:20170306120156j:plain

 

何を表現しているのか不明なオブジェです。

「受験生がんばれ!」という意味かもしれません。

 

f:id:oshirigenki:20170306120139j:plain

 

泊まったホテルは会場から近いこと、汚くなかったことが良かった点です。

布団が薄くて夜中に何度も起きたこと、冷蔵庫がキツすぎて入れておいたサラダが氷塊になったことが悪かった点です。

置いてあったマッサージ機は、どちらとも言えない点です。

 

21時には布団に入って、22時には寝ました。

 

f:id:oshirigenki:20170306120118j:plain

 

試験を受けて会場を出ると、色んな求人会社がお菓子を配りまくって宣伝していました。女には菓子でも食わしとけ作戦、大歓迎です! お菓子うれしい!

 

ペロティを配布する大盤振る舞いをしていたのが、全国展開しているめちゃくちゃデカい審美歯科の会社で、やっぱり儲かっているんだなあ~と思いました。

くっついていた冊子には、どこに行きついても「ウチに就職するのが1番!」という結果になるチャート診断が載っていて、面白かったです。

面接行って「ペロティくれたから志望しました」って言ったら入れてくれるかな。

 

f:id:oshirigenki:20170306120100j:plain

 

チョコボールの裏面にも、がっつり広告が。

 

f:id:oshirigenki:20170306120043j:plain

 

ディズニーランドのことを、「夢の国」とぼかします。

 

f:id:oshirigenki:20170306120358j:plain

 

別の会社でも「夢の国」です。

女はお菓子と夢の国で釣っとけというのが基本っぽいです。

 

試験当日の会場の様子は、改めて書きます!

 

国家試験 自己採点結果

国家試験が終わりました。

あの緊張感、ピリっとした教室の空気、一生忘れません。

と言いつつ、高校受験のことをこれっぽちも覚えていないのですが。

 

f:id:oshirigenki:20170306120338j:plain

 

これまで無かった感じの問題として、「歯科用レーザー」について2問、「金属アレルギーのパッチテスト」について2問出ました。

レーザーはいいとしても、パッチテストはなぜそんなことを2度も問われなきゃいけないんだ~! と叫びそうでした。

国試担当者の中に、メタルフリー治療推進派の先生がいたんでしょうか。

 

あとは、「内耳」についての問題が1問出ました。

耳、鼻、目、生殖器については出ないものと考えノータッチだったので、勘で答えるしかありませんでした。

 

そんな波乱もありましたが、学校で自己採点した結果は……合格でした!

 

マークシートの不備などの可能性もあるので、まだ、ふわふわした喜びを、ムニャムニャ触っているような感じです。

ヤッター! とは叫べないけれど、本当にほっとしてます。

 

クラス全員が合格だったので、担任の先生が泣いてしまいました。

それを見ていたら、なんだかもらい泣きしそうでした。

 

ほっとしたのもつかの間、すぐに卒業式です。

まだもう少し、バタバタしそうです。

 

明後日、国家試験です

 

f:id:oshirigenki:20170226235128j:plain

 

自分が3年間積み上げてきたものを信じて、ちゃんとやります。

 あと、受験票を持っていきます。

 

【ITmedia】27歳、初めての美味しんぼ

ライター仕事

ITmediaの連載が更新しました。

生まれて初めて見た「美味しんぼ」の感想です。

 

アニメを見ない私が「美味しんぼ」を見たときの衝撃 (1/2) - ITmedia Mobile

 

ITの媒体なので、最初はもっとAmazonプライムビデオについて触れるような構成にしていました。

でも、編集さんと相談しながらこの形になりました。

これで通った時は「本当にこんな好き勝手書いた記事を載せていいのかな……」とドキドキしました。

 

読者の反応の中でも、「書かずにいられなかった気持ちがよく伝わる」というのが嬉しかったです。

淡々とした文章が好きなのですが、その中にも静かな興奮みたいなものが出ているといいなあと思っていたからです。

 

今回、書くのがすごく楽しくて、自分の書いたイラストを見て爆笑したりしていました。ちょっとハイになっていたのかもしれませんが、それにしても、自分で自分を笑わせるなんて、そんな幸せなことあります?

f:id:oshirigenki:20170215120638j:plain

色を塗る前のものです。

ぬり絵などに使ってください。

 

f:id:oshirigenki:20170215120829j:plain

 

栗田さんの可愛さを全く表現できなくて、すぐに諦めました。

 

 

卒業認定試験

昨日は、学校の卒業認定試験でした。

合格発表は翌日学校内に貼り出しという形式だったので、今日はそれを見に行ってきました。

 

合格でした!

 

ヤッター!

 

試験の前日は、皿を割ったり、舌をやけどしたり、久しぶりに「醜女の女郎」のWeb広告が出てきたりしてかなり不吉でしたが、大丈夫でした。試験に神はいません。

 

試験当日、学校の友達と回転寿司屋に入って自己採点をしました。

ガランとした寒々しい店内で、プラスチックの湯のみと乾いたエビに挟まれながら懸命に採点する友達の姿が妙に目に焼き付いて、「この風景は一生夢に出てきそうだな……」と思いました。

 

自己採点で大丈夫そうだと分かったので、今日は合格発表の時間までぐうたらと昼寝して過ごしました。

罪悪感のない昼寝は、蜂蜜のように甘かった。

 


f:id:oshirigenki:20170125194918j:image

 

合格のお祝いにケーキをもらって、嬉しかったです。

国家試験まで、もう少し。 

 

受験生モードの私が、2016年買って良かったもの

学校生活

年が明けたら間もなく卒業試験があります。

そして、それをパスすれば、3月5日に国家試験です。

 

学校ではかねてから「土日に勉強以外のことをするな」と言われていますし、「あなたたちにクリスマスもお正月無い」そうです。

日付以外の全てを失った私達に許されているのは食事・排泄・暗記の3つだけ。

 

というわけで、テキストを頭に詰め込みまくってはボロボロこぼし、また拾ってはボロボロこぼす毎日をすごしています。

上顎神経は内頭蓋底の正円孔を通り上顎部口蓋鼻腔の知覚を支配下顎神経は内頭蓋底の卵円孔を通り下顎部及び舌の前方2/3の……うえ~ん。

 

わたしは小児歯科がすごく苦手で、赤ちゃんが何か月で座って、何か月で立って、何か月で歩くかっていうのがとにかく覚えられない。

私の中の赤ちゃんのイメージって、赤ちゃんマンくらいなので……。そして赤ちゃんマンは常に直立しているので……。

 

それでも覚えなくては仕方がないので、今日は心の中の赤ちゃんを育てるために、暗記用の年表の12か月の所に「1歳おめでとう!」と書いてみました。

 

逆に好きなのは薬理学と生理学、衛生行政、予防処置です。

自分の体が日々どうやって動いているかっていうのは理解すると面白いですし、衛生行政は社会常識なので勉強すると得した気分になります。

 

そんな感じですので、私の2016年買って良かったものはこれです。

ゼブラ 暗記用 チェックペン アルファ B-WYT20-BL 青 10本

ゼブラ 暗記用 チェックペン アルファ B-WYT20-BL 青 10本

 

裏映りしにくいし、インクが明るい青なので文字がつぶれません。

結構いい感じです。

 

あと、サイバーマンデーの時に2000円で買った枕がこれまで使っていたセミオーダーの1万円の枕よりずっと良くて、複雑でした。

でも良く眠れます。

家では「サイバーマンデー枕」と呼んでいます。

 

それでは、よいお年を~!

【ITmedia】「逃げ恥」で私が1番好きな平匡のセリフ

「逃げ恥」はなぜヒットした? 星野源を素直に愛せない私たちの思いを探ってみた (1/2) - ITmedia Mobile

 

「素直になることの大切さ」を逃げ恥から学んだはずなのに、星野源に対して素直になれないのはなぜなのか。それを考える記事です。

ヒットの理由やロス現象についても書いています。

読んでほしいなと思います。

 

突然ですが、私が1番好きな平匡のセリフについて話します。

 

第9話の、浮気疑惑の回です。

「私じゃない別の女の子と先に会っていたら?」とみくりが言います。

つまり、自分だから好きなんじゃなく、女なら誰でもいいんでしょ? という意味です。

その時に平匡は、こう返すんですね。

 

「出会っていないので何とも言えませんが」

 

ああ。このダメな誠実さ、たまりません。

適当に「他の誰でもない、君が大好きなんだ」とでも言えば済む場面なのに、それができない。

こういう融通のきかなさを嫌う女性は結構多いと思います。

 

でもこれは、ちゃんと地面に足が付いているからできることであって、わたしの場合は、こう言ってくれる人であれば一生ついて行けるなあと思いますね。

 

なんとも平匡らしい、平匡中の平匡と言えるセリフです。

 

実は、 自分にもこういう所があるんです。

やる気を見られているような場面で、融通のきかないことを言ってしまったり、「一生」とか「絶対」とかのワードで盛り上がっている時に、「絶対とは言えないかな」と答えて場を冷めさせてしまったりします。難儀です。

 

f:id:oshirigenki:20161222112002j:plain

今更だけど、この画像まんま自分のことなので、インターネットに流してしまって恥ずかしい。