そんなに嫌かな

連休が終わった途端に不眠になった。

3日続けて、布団の中で誰に頼まれたわけでもない文章を書いて眠くなるのを待っている。

一昨日と昨日は、2時まで眠れなかった。

その上、いぶりがっこは苦手で……と断る夢、手土産にバターバトラーを買う夢、というシケた夢の二夜連続放送だった。

え? という感想で明け方に起きた。最悪。

 

これまでは布団に入ってころはむちゃん(好きなぬいぐるみ)を弄っていると5分と待たずに夢の中にいたのに。

いつも23時台には寝るから、夜ふかしの習慣は元々ない。

 

今日は随分と自分の機嫌をとったつもりだった。

大好きな蘭州ラーメンを食べに行き、クナイプを入れた風呂にゆっくり浸かって、ゾゾタウンで買い物をした。

たくさん歩いて太陽にあたったし、夕飯の鶏ハムも上手くできた。漫画も描いた。寝る前に夫と1時間横になって会話をした。

こんないい日に眠れなくなる理由が不明。

 

ハワイに行ったときに、眠かったのでそのへんのソファで寝ていたら夫から「ここは日本じゃないんだぞ!」とマジのトーンで怒られたことがある。

あと、先日義実家に行った時、義父が運転する車の中でどうしても寝たくて仕方なかったので諦めて爆睡した。

睡眠欲に忠実だね。

寝るのは好きな方。昼寝もよくするし。

 

急に3日続けて寝れなくなるなんて、連休明けからだし、やっぱり労働が嫌なのかな?

そんなに嫌かな?

そんなに?

 

そうだとしたら自分が不思議だ……。

そんなのとっくに諦めているとおもっていたから……。

ほくろを全部描く似顔絵屋

歯科衛生士として今の歯医者に就職してしばらくたった頃、わたしの似顔絵を発注することになった。

 

お知らせのハガキとかに使う似顔絵で、入職すると全員作ることになっている。

言われるがまま写真を撮られ、御用達の似顔絵屋に送られた。

 

しばらくして出来上がってきた似顔絵には、ほくろが沢山描いてあった。

 

恐る恐る鏡の中の自分の顔と似顔絵を見比べると、全てのほくろが完全に正しい位置に描かれている事がわかった。

 

この似顔絵師は、わたしの顔写真をじっくり見ながら、間違えないように、正確な位置に、ほくろを、一つ残らず……。

 

これを描いてと発注したのはこっちだし、その誠実な仕事ぶりは評価できるかもしれないが、正直ウワーとおもった。

何回かやり直しできるとのことだったので、全部消してもらった。

 

笑顔のわたしの似顔絵がプリントされたハガキを患者さんに送る。ほくろが無いこと、それ以外はそっくりだ。

その横には「定期検診お待ちしてます♪」とフキダシがついていて、なんかもう、笑っちゃう。

あと、そもそも似顔絵なんか必要?

すきだ、蘭州ラーメン


f:id:oshirigenki:20190718200711j:image

これが蘭州ラーメン

中国でよく食べられているというラーメン。

 

味はすごく優しい。

泣きそうになるほど優しい味がする。

でも、塩気が足りない訳ではない。

コクがある。コクと旨味がすごくある。

牛のダシ。

なんとなく中国っぽい味がするが、キツい感じではない。

ラーメンのスープはあまり飲まないことにしているが、蘭州ラーメンのスープはつい飲んでしまう。

 

この店は少しだけ刻んだパクチーが入っている。

わたしはパクチーが苦手。

でも、蘭州ラーメンにほんの少しのパクチーはすごく合う。

無いと嫌だなとおもうくらい合う。

 

上の赤いのはは辛い油?

でも辛くはない。

辛い油? とクエスチョンが付くくらい優しい辛さ。

 

麺は白くて真っ直ぐで、コシはあるけど柔らかい。

ラーメンぽくはない。

かといってうどんでもない。

蘭州ラーメンの麺としか言いようがない。

これがクセがなくておいしい。

優しいスープによく合う。

 

蘭州ラーメンは、なぜか食べ終わるといつも味を忘れてしまう。

美味しくて不思議で優しい味のラーメン。

その記憶だけが残る。

ふとまた食べたくなって、食べたら思い出す。あーおいしい。そうだ、こんな味だった。

その繰り返し。

 

リバイバルに狙われる

ポケモン映画の最新作「ミュウツーの逆襲evolution」だが、わたしが小学生のときに公開された「ミュウツーの逆襲」を作り直したものらしい。

 

わたしが小1か小2のときに初代ポケモンが出た。

ポケモン世代ど真ん中なので、わたしはいつまでもポケモンが大好きである。

 

わたしは29歳。夫は36歳。

夫にポケモンの話題が通じないことが悩みだったので、「X」「Y」が出たときには二人で買って、一緒にやった。

 

それで多少通じるようになったものの、XY のポケモンしか分からないので、先日も「カイロスってさ~」と言ったら「何?」と言われた。

カイロスの画像を見せたら、さらに「なにこれ、だせ~」と言われた。ショック。

カイロスかっこいいのに。

オニドリルはださいけど……。

 

話を戻すが、今回の「ミュウツーの逆襲evolution」には複雑な気持ちだ。

それは、わたしが「リバイバル」のターゲットにされる年齢になったということだからだ。

 

「なつかしい」のエネルギーはすごく大きい。

わたしは懐かしさに溺れることは良くないことだとおもっている所があり、懐かしさには警戒心がある。警戒するが、大体勝てない。

 

昨年公開された「ポケットモンスターみんなの物語」は映画館に見に行った。

完全新作を見ている訳だからこれはなんとなくアリでしょ、みたいな感じでいたのだが、サトシとピカチュウが出てきただけで号泣。

結局なつかしさのエネルギーにずっと溺れている状態だった。

そのプールの心地よさといったら。

 

これが「ミュウツーの逆襲」となってくると、本当にやばい。

ミュウツーの逆襲」って声に出すだけでなんか口の中が甘酸っぱくなるし。

「ルギア爆誕」も声に出すとそれだけでウワーってなるよ。

 

ファミコン世代の夫が、これまで散々リバイバルに狙われる様子を見てきた。

スーファミ世代の自分も、ついに狙われるようになったのだ。本当にショック。

 

そう話したら、「俺はもはや知らないリバイバルを懐かしがってる人を見ることになっていて苦しい」と言っていた。

なんてこった。

音がでかかったコーネリアスの話

去年コーネリアス見に行ったら、どうした? ってくらい音がでかかった。

 

本人が気づいていないはずもないから、良かれとおもってデカくしてたんだろうけど。

周りを見ると、耳を塞いでいる人が何人かいた。

感じかたの個人差はもちろんあるけど、わたしの周りだけでも耳塞ぐ人が複数いたのだから、やっぱりあれは音でかかったんだとおもう。

 

あと、客席に向けてでかいストロボが何台も設置されてて、演奏のたび猛烈に光るので眩しかった。

 

曲が盛り上がると音もでかくなるし、ストロボも点滅するしで嫌だから、盛り上がる曲やらないでくれ~って願っていた。

 

はっきり言って、「そこにコーネリアスがいる」という一心で2時間座り続けたって感じだった。

コーネリアスが、だいすきだから……。

活動再開を10年待っていたし……。

(コーネリアスは、わたしが高校生の頃にセンシュアスというアルバムを出して以来、わたしが結婚するまでオリジナルアルバムを出さず、YMOの後ろでギター弾いたりしていた)

 

思い出すたび、あれ何だったんだっておもう。

わたしは音楽のこと何もわからないので、知識がある人には理解できる何かだったのか?

そうだったら本当に教えてほしい。

あと、あれがすごく良かった! と感じている人もいるはずだ。話を聞かせてほしい。

 

で、こんなこと書いといてあれなんだけど、来月またコーネリアス見に行くんだよ。

コーネリアスが、だいすきだから……。

 

どうやら、「Point」というアルバムの曲をいっぱいやるっぽい。

Pointはちょーだいすき。

いちばん好きなアルバム決められないけど、決めないと殺すって言われたらPointって言うかもしれない。遠出する日の朝はPointを聞くと気分が良くなるという自分ルールがあるし。

 

すごく楽しみにしてるけれど、また音でかのストロボだったら理解できなすぎて泣いちゃうかもしれない。不安だ。

 

この話は、シーンが盛り上がっている時に言って、もし悪口みたいに感じる人がいたら楽しい気持ちに水さしちゃうかなとおもって、なんとなく今まで黙ってた。

 

だいすきなコーネリアスが良いとおもってやってることを理解できなくてつらかったっていう話で、批判や批評のつもりではないんだけど、その感じかたも人それぞれだよね。

 

逆に、悪意を持ってやってるとしたら理解できなくて当然なので解決するけど、それは恐ろしすぎるな。

 

焼きごて

今日、140℃のコテを太ももの上にじかに落とした。

 

最近流行りの髪の巻き方はウェーブ巻きというもので、表面にそれをするだけですごく今っぽくなるとユーチューバーが言っていた。

ユーチューバーは時代の最先端をいく人々なので、全面的に信用できる。

 

ドレッサーに座り、張り切ってウェーブ巻きをしていたが、慣れない動きに手がギクシャクしていた。アッとおもったときには、コテが手から滑り落ちていたのだ。運悪く、わたしは下半身下着姿だった。

 

ありきたりだが嘘ではなく、スローモーションに見えた。

太ももに当たる前に、ウワー火傷だ、いやだなあとおもった。おもったけど避けられなかった。

そして、「カイジ」の利根川が熱した鉄板の上で焼き土下座をするシーンと、「カイジ」のスピンオフで利根川が後に自分を焼くことになる焼き土下座マシーンでバーベキューするシーンが脳にパパッと浮かんだ。

それが焼き土下座マシーンだとはつゆ知らず、部下とバーベキューを楽しむというギャグで、すごくいいんだよな〜。ウワー熱い!!!!!!

 

このぐらいのスピード感だった。

 

と言う訳で、事故の時にスローモーションになるやつ、本当です。

多分、死ぬときに走馬灯が見えるっていうのも本当なんだろうなって気がする。

 

痛くて湯船に入れなかったから、体が冷えていて眠れない。

 

 

#サンリオのファンアート

気まぐれにかいてTwitterにアップしている #サンリオのファンアート をまとめた。

最初の頃ハッシュタグつけてなかったから。

 

f:id:oshirigenki:20190616222811j:plain

おこわのおむすびを作るマイメロディ

メロディの誕生日記念

f:id:oshirigenki:20190616222821j:plain

湯船にバブを入れるマイメロディ

f:id:oshirigenki:20190616222706j:plain

日焼けを気にしながら家事をするマイメロディ

f:id:oshirigenki:20190616222713j:plain

コンビニで買い物をするマイメロディ

f:id:oshirigenki:20190616222723j:plain

シュークリームがこぼれちゃったマイメロディ

f:id:oshirigenki:20190616222730j:plain

値札を確認するマイメロディ

f:id:oshirigenki:20190616222736j:plain

気分がのらない日のマイメロディ

f:id:oshirigenki:20190616222746j:plain

つまらない飲み会の日のマイメロディ

f:id:oshirigenki:20190616222754j:plain

キティちゃん45周年記念

f:id:oshirigenki:20190616222803j:plain

写真見ながら本気でかいたマイメロディ

マイメロディのストロベリーイルミネーションいちごいちえ」の服

 

みんなも #サンリオのファンアート で愛を投稿しよう!