週刊ゆふあや 芋とトロッコ

水曜日

テレビに、芋掘りをする3才児が出ていた。

のんちゃんもいつか芋掘りするのかな!のんちゃんの掘ったお芋、早く食べたいな〜!と言ったら、夫が「おれの掘った芋とのんちゃんの掘った芋、どっちかがトロッコに轢かれるとしたらどっちを選ぶ?」と聞いてきた。もちろん、夫の芋が轢かれるべきと答えたら「おれの芋はグチャグチャになるけどいいの?おれだったら2つの芋を助けるけどね……」との事。

全体的に何?

 

木曜日

昨夜、足がだるくてあまり眠れなかった。起きてからもだるさが取れず、だんだん下半身全部が痛くなってくるので怯える。

インターネットで検索したら、産後によくあるやつだと書いてあった。そりゃそうか。ここ数ヶ月、足の負担になることばかりなのだから。

今日は着圧ソックスを履いて、サボっていた骨盤ベルトもしっかり着けて過ごした。のんちゃんとのお散歩も、抱っこ紐じゃなくてベビーカーにした。

 

金曜日

アベンジャーズ展」を見に行った。アイアンマンのハンガー売ってて面白かった。

トシ・ヨロイヅカでケーキを買って帰る。「BAKE OFF JAPAN」を見ていて食べてみたくなったから。

 

土曜日

「BAKE OFF JAPAN」の最終回を見た。

出場者同士の協力(助言を求める、作業未満の事、例えばケーキを移動する手伝い等)がオーケーになっているのが、緊張感の中にも和やかさを生んでいて良かった。彼らはきっと、共通の趣味を持つ良き友人として、生涯付き合っていくのだろう。なんか羨ましいな。

鎧塚俊彦が5時間でウエディングケーキを作ったらどのくらいのクオリティのものが出来上がるのか、というのが純粋に気になるのだが、それをやったら「やってTRY」みたいで印象悪いか。

のんちゃんがよくおもちゃを掴んで遊ぶようになったので、オーボールという掴みやすいボールのおもちゃを購入。持たせてみると、口元に持っていって舐めたので驚いた。ついにおもちゃを舐めるようになったのか。

 

日曜日

のんちゃんが生まれて100日たったので、お食い初めをした。

仕出しを頼んだのだが、ついてきた手順の説明書に「お赤飯→お吸い物→お赤飯→焼き魚→お赤飯→お吸い物→お赤飯→煮物→お赤飯→お吸い物→お赤飯→酢の物→お赤飯→お吸い物→お赤飯→歯固めの石→お赤飯→お吸い物→お赤飯 の順番で食べさせる真似をする」と書いてあって、儀式なのだからちゃんと意味もあるんだろうけど、怒涛のお赤飯とお吸い物にウケてしまった。何度も赤飯とお吸い物が目の前に現れては消えるので、のんちゃんはずっと困惑した顔をしていた。

その後、何気なく動画を撮って、夜に見返していると、のんちゃんが声を出して笑っている事に気が付いた。これまでは表情だけだったのに。昨日のおもちゃを舐めていた件といい、本当にすごいスピードでできることが増えていく。嬉しい。寂しい。時を止めてくれ。

 

月曜日

のんちゃんが「ママ」でも「パパ」でもなく「あいなぷぅ」って言ってた。「パパ」より先に「パーパー」と言うだろう。

 

火曜日

マーベルのドラマ「ロキ」を見終わった。早くメビウスジェットスキーに乗って笑ってる所見たいよ。続きが楽しみ。

ベランダのラベンダーが今年も蕾をつけている。ハーブって本当に丈夫だし、虫もつかないし良いものだなって思う。

冬の間はほとんど水もやらずにベランダに放置。3月頃からちょっと気にかけるようにして、気が向いた時にハイポネックスをやっていれば5月に蕾がついてくる。そうなったら毎日水やりしないとシュンとしおれてしまうのだが、シュンとしたからといって、また水をやれば元通りになるのである。

顔を近づけるとすごくいい香りがするので、花が咲いたら少し切って部屋の中に置いておくのも良い。ベランダに植物を置きたい人、ラベンダーがおすすめです。

週刊ゆふあや パンのにおい

水曜日

夫が外出したので、試しにのんちゃんをワンオペでお風呂に入れてみた。

ベビーバスでの沐浴から浴室に切り替えたのはここ数日のことだ。体重が出生時の倍くらいになって、ベビーバスが厳しくなってきたためである。

特に問題なくワンオペでもできたけれど、自分は裸のままでのんちゃんの世話をする事になるので、冬は寒そう、あと髪が痛みそうだなと思う。

とりあえず服着てからやればいいじゃんって産む前は思ってたけど、赤ちゃんの体は小さくてすぐ冷えてしまうし、普通に自分の命よりも大切な存在なので、のんちゃんを目の前にすると、そんなにどっしりと構えてはいられない。

「Everything Everywhere All at Once」っていう気になってる映画、日本公開いつだろうと思って検索したけどまだ決まっていないっぽい。早く見たいな。

 

木曜日

戴き物のメロンを切ったら驚くほど果汁が溢れてきて、もったいないからコップにためて飲んだ。

明日ドクター・ストレンジ2を見に行くから、寝る前に1を見返す。適当に飛ばしながら見るつもりだったんだけど、面白くて全部しっかり見てしまった。

 

金曜日

ドクター・ストレンジ マルチバースオブマッドネス」をIMAX3Dで見た。

超〜〜〜面白い!!!

ここまでやっていいんだ〜!!!って思った。

私はこういう体験がしたくて、マーベル映画を見始めたんだった。この先も楽しみだな。ドラマも見ないといけないのは正直ちょっとキツいけど……。

帰りに本屋に寄って、ライオネル・ホワイトの「気狂いピエロ」を購入。ゴダールの映画で有名なタイトルだが、意外なことに、原作の日本語訳はこれが初めてらしい。

10代の頃、ゴダール映画に触れてみようと思い立ったことがあるのだが、難しくて意味がわからなかった。顔にダイナマイトを巻いて自殺するという強烈なラストシーンだけは覚えているのだが、どうしてそこに至ったかはちっとも思い出せない。パラパラと立ち読みしていたらどんどん気になってきて、買って読んでみようかという気になった。

本屋の近くにあった喫茶店に入って少し読んだが、とても読みやすく、面白くて驚く。正直、映画の印象から小難しいものだと思いこんでいたので。

1番安いコーヒーが1080円って書いてあって逃げ出したくなったことも忘れるくらいの面白さ。いや、嘘。忘れてない。めちゃ嫌だった。1080円て。悪魔が経営してる?

 

土曜日

のんちゃんは今、1回140〜160mlのミルクを飲んでいる。ビジュアル的には、自分がこの量の牛乳を日に6回飲めって言われたら無理だな〜って思うくらいの量。

おかげさまで、体もむちむちと赤ちゃんらしくなった。タプタプの二重あごなので、その下によく汚れがたまっている。

新生児の頃は体がすごく小さくて、手足が折れそうなくらい細くて、焼きそばを作るときに使う水くらいの量しか飲まなかったのに。

とても嬉しいが、とても寂しい。ずっとそう思い続けながらこの子を育てるのだろう。

 

日曜日

夫がドクター・ストレンジを見に行った。

夫が見るまでは内容について話さないよう注意しなくてはならなかったので、ようやくそのもどかしさから解放され、嬉しい。

夜には感想を話しながら、二人で餃子を食べる。同じ映画を見ると、これができるからいいよね。

夫が話してくれた「これまでと今回で比較する、マルチバースの描き方の違いについて」の考察はとても面白くて、なるほどと思った。

もう一回見たいな〜。

 

月曜日

のんちゃんを寝かしつけるのに、ドライヤーと、ドライヤーの音が出るアプリの2つを使ったら上手く行った。

リアルなサウンドを好む赤ちゃんなので、最初からアプリでは泣き止まないのだが、まずドライヤーを聞かせて、だんだんドライヤーの音を小さくしながら、アプリの音量を上げていく。そして、のんちゃんが聞いている音をドライヤーからアプリに入れ替えるのだ。

のんちゃんはあっさりと騙されていた。まだまだベイビーだね。

 

火曜日

毎日夕方になると、のんちゃんがぐずりだす。夕方が嫌いなのだろうか。私も嫌いなので気持ちは分かる。

抱っこでないと泣き止まないので、座椅子に座って縦抱きする。首はすわりかけているが、まだぐらつくので肩に乗せてやる。

動けなくて暇なので、最近好きでよく見ている「BAKE OFF JAPAN」という番組をつけた。アマチュアの腕自慢による製菓バトル番組で、今日見た回はパン作り。のんちゃんの頭も夕方になるとパンみたいなにおいがするので、嗅ぎながら見た。

気狂いピエロ」を読み終えた。文章も登場人物もとてもドライで、その感じがとても良かった。すごく面白い。映画とは恐らく内容がかなり違うと思う。

 

 

 

週刊ゆふあや 不気味なテレビ

水曜日

今日はのんちゃんのお宮参りへ行った。

人生約3ヶ月。新生児の頃みたいなホーリー感は無くなったけれど、ピンク色の産着に包まれて眠るのんちゃんは、まだまだこの世のものではない雰囲気を持っていて、神様に連れて行かれちゃうんじゃないかと心配になった。

ご祈祷が終わり、家で出前の寿司を食べた。すくすく育ちますように。

夜勤の時間に「スパイダーマン ノーウェイホーム」を見る。最高〜〜っ!!

完全にファン感謝祭。ここまで全部見てきた人間への、マーベルからのご褒美。こういうのが見たかった!というものを、想像したよりも数倍良い形で見せてくれる、神の所業。マジありがとう。

 

木曜日

風呂から出たら、のんちゃんがリビングで大号泣していて、夫はキッチンで野菜を切りながら反町隆史の「ポイズン」を歌っていた。聞かせると赤ちゃんが泣き止むことで有名な曲だが、それはあくまでも反町隆史のポイズンであって、夫が歌うポイズンではない。

その光景が面白くて、覚えておこうと思った。

 

金曜日

メルカリでベビージムを買った。

最近画集を数冊売ったので、その売上金で購入したのだ。若い頃に買った画集を手放して、赤ちゃんにおもちゃを買ってるの、なんか泣けるよね。

早速ベビージムを組み立てて、のんちゃんを寝かせてみる。のんちゃんはずっと上機嫌で、ぶら下がったおもちゃを眺めながら「エウ?エーウ?ウー!」と一人おしゃべりをしていた。気に入ってくれたかな。嬉しいよ。

午後、「空気階段料理天国」という番組をやっていたので見る。

空気階段が料理をする訳ではなく、プロが料理をする所を、真っ白な部屋にいる空気階段がリモートで見て「美味しそうですね〜」とか言ってるだけの番組で、しかもそれを1時間もやっていた。絶対におかしい。

これはフリで、このあと何かが起こるはずだと思って見続けていたのだが、何も起こらずに1時間経ったのでゾッとした。すごく不気味な番組だった。

TBSだったら確実に水曜日のダウンタウンの企画だが、テレビ東京。早くネタバラシしてほしい。

 

土曜日

黄色いキウイ、美味しすぎる。

黄色いスイカは流行らなかったけど、黄色いキウイはすっかり定番になっている。

 

日曜日

ドクター・ストレンジの新作早く見て〜〜!!IMAXで見て〜〜!!公開初日に行っちゃおっかな〜〜!!と思ったけどすでにほぼ満席だった!!

 

月曜日

のんちゃんが夜通し寝るようになった。

これまでは昼夜問わず大体3時間ごとにミルクを要求してきていたので、夫と交代で寝る形で、24時間対応をしていた。

交代制のメリットは、お互い8時間睡眠を取れること。

デメリットは、世間とかけ離れた生活になること、まだ明るいうちから慌てて風呂に入ったり夕飯を食べたりしないといけないこと(夕方寝て深夜に起きるから)、夜間の外出は不可能なこと、夫婦で過ごす時間が殆ど無くなる事。

やはり、夜寝て朝起きる生活が恋しかった。のんちゃんと一緒に朝まで眠れるのであれば、それに越したことはない。

というわけで、今日は実験的に、のんちゃんの隣で眠ってみた。前にも書いたけど、のんちゃんは寝ている時すごくうるさいので、隣で眠れるかどうかというのが大きな懸念事項だったが、耳栓をすることでそれなりに解決した。夜中にミルクを求めて覚醒することも無かったので、約3ヶ月ぶりに、人並みの時間に寝て起きる事に成功。起きたときに外が明るいというのは、すごく気分が良いものだね。

のんちゃんは天才赤ちゃんだよ。サンキュー。

 

火曜日

のんちゃんの隣で寝てたんだけど、今日は深夜に泣き出したので、起きてミルクを作り、飲ませた。ウー。仕方ないね。

マーベルのアニメシリーズ「ホワット・イフ…?」を一気見した。

レンジでゆで卵を作る器具を規定の時間より長くかけてしまって、レンジの中でバチバチいいだしたからかなり焦った。爆発したら怖いので、1時間冷ましてからレンジを開けた。2つに割って、スープカレーにのせて食べた。

週刊ゆふあや 一生懸命呼吸

水曜日

ヨシモトムチッ子物語」のことを急に思い出した。

吉本の芸人をモチーフにした虫のキャラクター達がドタバタするアニメで、確か「おはスタ」のワンコーナーとして放送していた。コロコロコミックで漫画もやっていたと思う。当時小学生だったので、よく目にした。

山田花子てんとう虫とか、ココリコミミズ?とかがメインキャラだった。そのくらいなら分かるのだが、急に「Mr.オクレみのむし」が出てきて「誰??」となった記憶がある。(今もどういう芸人なのか知らないままだ)

 

木曜日

映画館に「ファンタスティックビースト ダンブルドアの秘密」を見に行った。

降板したジョニー・デップに代わりグリンデルバルド役を務めたマッツ・ミケルセン。すごく良かった。

もちろんジョニー・デップも、かなり危険な香りのするグリンデルバルドとして、個性が強くて良かったのだが、知的で狡猾というよりは、ワイルドが強い。なので、2作目の演説のシーン。それによって大勢の魔法使い達を洗脳し、自分の信奉者にするという所は、少し説得力に欠けるなあと以前から思っていた。

マッツ・ミケルセンは、優しいようにも怖いようにも見える表情で、話術と微笑で人々を虜にしていく賢い悪党として、私の中のイメージとはピッタリ重なる。ダンブルドアの親友なのだから、やはりダンブルドアと同等で、似たところのある人間なのだろうと想像していたから。

そして、タイトルの「ダンブルドアの秘密」だが、最初はグリンデルバルドと親友であることを指しているのかと思っていた。しかし、このことはハリー・ポッターの中ですでに触れられている周知の設定なので、秘密という程ではない。考えながら見ていて、その「秘密」が何なのか、最後の最後で自分なりに理解した。ああなるほど。すごく面白かった。

余韻に浸りながら映画館のトイレで鏡を見たら、黒いシャツの左胸に赤ちゃんの吐き戻しが盛大についていた。ワオ。いつか、肩にガーゼを乗せたまま外出してしまう日も来そう。

 

金曜日

映画の見すぎで疲れている気がしたので、今日の夜勤は何もせず横になっていた。そしたら結構回復した。

昼間は赤ちゃんと公園へ。藤棚の下に座って、赤ちゃんに藤の花を見せた。藤は結構香りが強いことを知る。赤ちゃんも感じただろうか。

デカくて黒いハチが沢山いて最初は少し怖かったが、完全に藤にしか興味が無さそうだったので大丈夫だった。何度も何度も繰り返し、藤の花の蜜を吸っていた。

夕方、気温は大体22〜23度くらいだったと思う。窓を開けて換気扇をつけ、風の通り道を作っておいたら、半袖で暑くも寒くもない、ちょうど良い室温になった。いい季節だなあと思っていたが、ふと赤ちゃんを触ると、頭にしっとりと汗をかいている。半袖の下着に半袖ロンパースだったが、慌ててロンパースを脱がせてやった。すると、顔の赤みが引いていき、機嫌も良くなった。

大人がちょうど良い時、赤ちゃんは暑い。気をつけようと思った。

 

土曜日

なぜかあまり眠れなくて、4時間の睡眠で覚醒してしまった。

夫が私を気遣って赤ちゃんを連れて外に出てくれたので、その間蒸気でホットアイマスクをつけて思いきり寝た。その時もあまり眠れはしなかったのだが、一人で静かな家の中、何も気にせず寝そべっているというだけでかなり癒やされる。

お世話の合間に赤ちゃんと一緒に寝ることもあるんだけど、うちの赤ちゃんは寝ている時「グー!グー!」と全ての呼吸を大切に、一生懸命吸って吐く。その時点ですでにうるさいのに、さらに時々「ピェー!」とか「エッ!」とかデカい声で発して私をビビらせて、また「グー!グー!」と寝るというのを何度もやるので、余計疲れてしまう。

 

日曜日

活動量計を導入した。

Xiaomiの「MI BAND」という安くて有名なやつで、しかも型落ちのものにしたので、どんな不具合があっても、サポートに100回無視されても、文句の言えない値段だった。

運動時の心拍数と歩数と距離、あとは睡眠ログがとれればとりあえずは十分なので、今の所いい感じだ。ただし、つけ心地は悪い。あとダサい。今後生活に馴染むようならカッコいいやつ買おうかな。

早速着けてzumbaをやった。

 

月曜日

初夏の陽気。赤ちゃんを抱っこ紐に入れて外出したら、暑くて汗だくになってしまった。人間と密着しているのだからそりゃそうか。

自分が汗だくになっても何も困らないのだが、赤ちゃんの熱中症は心配。携帯扇風機で風をかけながら、早足で帰った。赤ちゃんは特に問題なく元気だったが、私は気疲れもあってクタクタになった。

そんなときも、活動量計は帰り道の早足を「ファストウォーキング」と呼んで褒めてくれる。嬉しい。

 

火曜日

この1週間くらいで「ドクター・ストレンジ」の新作を見るための準備をしていた。

面白かったのは「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」とサム・ライミスパイダーマンの1と2 。3はちょっと詰め込みすぎで良くなかったけど、トビー・マグワイアがダメ女に弄ばれてる様子がかなり好きなので、また作ってほしい。

アメイジングスパイダーマン」の最後は本当にびっくりした。大切なものを失うのはスパイダーマンの宿命だけど、彼はさすがに失いすぎ。

「ヴェノム」は我慢して最後まで見た。

これでようやく「スパイダーマン ノーウェイホーム」が見られるぞ。楽しみすぎる。今すぐにでも見たいが、もうすぐ赤ちゃんが起きる時間だ……。

週刊ゆふあや 帽子を諦めきれない

水曜日

助産師訪問があった。ミルクの量について相談したが、明確な回答は避けられた。病院でも、そろそろ飲む子と飲まない子で差が出る時期だと言われていたし、きっぱりと言えるものではないのだろう。

夜勤の時間に「アベンジャーズ エンドゲーム」を見る。最高。ここまで追いかけてきて本当に良かったと、心底思った。夫から重大なネタバレを受けてムカついていたが、そんなの関係なくなるくらい良かったし、かなり泣けた。

「シリーズ多すぎ。エンドゲームまでなんとか端折れないの?」と誰もが思う事だろう。私もそうだった。でも今は、ファンが「順番通りに全部見ろ」と言ってくる理由がよく分かる。エンドゲームに参加したければ、それが最良の道なのだ。アベンジャーズひとりひとりの物語、どれも面白かったよ。

5月にやるドクター・ストレンジの新作を映画館で見たいので、そのためには何を見ればいいかと夫に尋ねると、「スパイダーマン」を計7本と、できればドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」と、余裕があれば「ヴェノム」も2本見たほうが良いかもしれないとの事。ウワー。間に合うかな。

 

木曜日

赤ちゃん、初めての予防接種。

注射が3種と、経口1種。一気に注射を3発も打つなんて自分がやられたらめちゃめちゃ嫌だな……と思うが、同時接種が当たり前らしい。

赤ちゃんは針を刺されて3回とも泣いて、その後はすぐにけろっとしているように見えたのだが、待合室でまた怒ったように泣き出した。「なにをした〜!!(プンプン!)」と言っているっぽかった。ごめんごめん。頑張ったね。

副反応で熱が出るかもしれないと言われて怯えている。生後2ヶ月の小さな体が熱を出してぐったりしていたら、怖すぎて泣いちゃうよ。

 

金曜日

赤ちゃんは発熱しなかった。本当に良かった。

スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」を見る。MCUスパイダーマンは本当にキュートだな。サム・ライミ版のイメージが強かったから、初めて見たときは「なんだこの明るいスパイダーマンは!?」って思ったけど、だんだんこっちの方が好きになってきた。

 

土曜日

保育園見学に行く。

1歳から入れられたら最高なのだが、世の親達は大抵そう考えているので、1歳児は超〜〜〜〜狭き門になっている。なので、0歳児から入れようということは決めていて、あとはその時期をどうするか考えるのと、途中入所なので、近いところに空きがでるかどうかは運任せという感じである。

それにしても、今時の保育園は本当に素敵だね。明るくて綺麗で、穏やかそうな先生ばかりだった。私は教育系のスパルタ幼稚園に行かされていたせいで、幼少期は最悪の思い出ばかりだ。赤ちゃんと一緒に私も入所して、人格形成をやり直したいと思った。

 

日曜日

カルディで買ったビャンビャン麺を食べた。美味しかった。

あすけんが毎日「プルーンを食え」と言ってくるので、干したプルーンも買った。初めて買ったけど、味は完全に想像通り。食べるとき手がベタベタになるなあと思った。

ろくに何もしなかった日でも、カルディに行くと少し何かしたような気分になる。

マーベルのドラマ「ワンダヴィジョン」を一気見した。切なくて、最終回はポロポロ涙が出た。ドラマはオマケみたいなものかと勝手に思っていたけど、知らないと今後影響が出そうな重要な出来事だった。

 

月曜日

外出の予定があり、肌寒く雨も降っていたので、赤ちゃんに帽子を被せることにした。

妊娠中に、アカチャンホンポで一目惚れして買ったもので、真っ白でポンポンの耳がついている。とてもかわいい。私はずっと、これを赤ちゃんに被せる日を楽しみにしていた。

赤ちゃんを抱っこ紐に入れ、いざ帽子を被せると、大号泣。嘘だろと思いつつ帽子を外してやると、ピタリと泣き止んだ。こっちが泣きそうだった。

もちろん傘をさして出かけたが、風が吹くと細かな水滴が赤ちゃんの頭にも降りかかる。「ほら、のんちゃん。頭が濡れてるよ。やっぱり帽子を被ったほうが良かったんじゃないの……」胸の中で眠る赤ちゃんにそう言うと、夫に「お母さんってよくそういうこと言うよね」と言われた。確かに。そしてそういう時、子供は大抵「うるせーな」としか思わないのだ。言うだけ無駄どころか、ウザがられてマイナスである。

今後は気をつけようと思いつつ、やはりあの帽子を被せることを、諦めきれない自分がいる。

 

火曜日

赤ちゃんを連れて公園に行き、ベンチに座ってコーヒーを飲んでいると、赤ちゃんが泣き出してしまった。すると、5歳くらいの男の子が走ってきて「大丈夫?」と聞いてくれた。基本的に声かけられるの嫌なんだけど、これは嬉しかった。

インターネットからなるべく離れたいと思っているのに、今日もインターネットを見てしまう。漫画の実写化が嫌だ、やるならちゃんとやってほしいと言っている人が沢山いた。

私はその感覚がいまいち分からなくて、好きな漫画は好きな漫画として存在してるんだから、そこから先はどうでも良くない?って思う。例え自分が原作者だったとしても、どうでもいいから好きにしてくれって言う気がする。

インターネットを見ると反対の声が強いように感じるだけで、実際には大半の人が歓迎しているのかもしれないけど。(映画の動員数ランキングの上位は、漫画の実写化とアニメが殆どだから)

週刊ゆふあや 謎の衣替え

水曜日

夜勤のマーベル。今日は「ブラックパンサー」を見た。ちょ〜面白い。ワカンダの技術全部カッコいいね。特に、兵隊が纏ってるオリエンタルな柄の布がシールドになった瞬間、ウオーってなった。

 

木曜日

夫が靴下の衣替えをしていた。

私は一年中すべての服を出しっぱなしなのだが、夫は毎年きちんと衣替えをする。しかも、今日は靴下だけを夏物に替えるのだと言う。長い靴下をしまって、短い靴下を出すそうだ。そんな事をしているなんて、これまで全く知らなかった。なんかスゲー。

今日はファッションセンターしまむら系列のベビー用品店"バースデイ"に行ってみた。初めて行ったのだが、これはいい店だ!

しまむら西松屋と同じ雰囲気で、雑多に服が並んでいるのだが、デザインが今っぽくて可愛いものが多い。インスタでよく見る韓国系っぽいやつとか、くすみカラーとか、トレンドおさえてるなーって感じ。しかも値段は韓国系通販より安い。カバーオールがどれも大体1500円くらい。感動して4着も買ってしまった。

アベンジャーズ インフィニティウォー」を見た。熱い!!!早くエンドゲーム(インフィニティウォーの後編)が見たいが、その前に2本見なければならない。なぜか「アントマン」の続編と、全く知らない女のやつ(キャプテン・マーベル)だ。順番通りに見ないといけないってことはよく分かっているが、もどかしい。

 

金曜日

プライムビデオの100円セールで、映画「スコット・ピルグリム VS.邪悪な元カレ軍団」を見た。面白いが、さすがに1時間くらいでお腹いっぱいになってきて、ン〜と思っていた所に、斉藤慶太・祥太が出てきたので驚いた。もちろん、邪悪な元カレ軍団として。そのシーンがすごく面白かった。

今日は赤ちゃんがずっとグズグズしていた。外に連れ出すと大抵落ち着くので、午前と午後、2回散歩に連れて行った。公園のベンチでコーヒーをすすりながら、ベビーカーを揺らして過ごす。時々思い出したように泣き出すが、家の中よりも泣き声が小さく聞こえるし、ずっと部屋で真正面から対峙しているとすごく疲れるから、泣き止まない時は公園に限る。家に帰るとまた泣くけどね。

最近、ものを掴む力が強くなってきた。たまたま手に当たったガーゼやカゴなどを掴んでいることもあるし、おもちゃを握らせるとしばらく離さないで振っていられる。

拳を口に入れることも増えた。キングオブ赤ちゃん仕草。最高。

 

土曜日

今日は久しぶりに自転車に乗った。

大きいお腹でエッホエッホと息切れしながら歩いている時、隣をスーッと走っていく自転車が羨ましかった。出産が終わったら、身軽な体で自転車を走らせて風を感じたいと、ずっとそう思っていた。

念願叶っての自転車は、思った以上に気持ちよくて、すぐにいい気分になった。いつまでだって漕いでいられるような気がした。今思えば、サイクリングロードにでも行けばよかったな。思いつかなかったので、大きな公園へ行って中をぐるりと回って、ケーキを買って家に帰った。

夜勤のマーベルは、「アントマン・アンド・ザ・ワスプ」。アントマン界隈の技術は他と比べてもすごすぎる。最後はヒエーってなったな。どうなってしまうんだ〜。

夕方風呂に入っている時、「最近の流行ってどれも全然ダサくないな」って思って、突然悲しい気分になった。

 

日曜日

空気階段の単独公演「fart」を配信で見た。良かったな〜。徳川家のやつが特に面白かった。

最後にアフタートークがあったのだが、ラジオでも時々出てくる"せお"という作家の新エピソードが聞けて嬉しく思う。

空気階段ふたりともコロナになってしまったね。もぐらはハイリスクだから心配だ。

 

月曜日

昼間、公園で赤ちゃんと日向ぼっこしていたら、後から夫がやってきた。「衣替えをしたからね」となぜか誇らしげにサンダルを履いていたが、上は長袖シャツだった。夏のように暑いのに。先日の靴下の件といい、夫の衣替えはなぜか足元から徐々に進んでいくものらしい。なぜ。

キャプテン・マーベル」を見た。感想は「スゲーッ!!!!(笑)」。見た人はわかると思う、この感じ。ストーリーも面白かった。というか、これまで見てきてつまらない話はひとつも無かった。

次はいよいよ「アベンジャーズ エンドゲーム」だ。

 

火曜日

美容院へ。少し髪を伸ばすことに決めたので、整えるくらいにしてもらった。カラーもそのまま、適当な茶色。

赤ちゃんを連れている時に話しかけられたくないので、本当は蛍光色の服を着て、髪を青色にして、サングラスかけて、全身から話しかけにくいオーラを発しながら街を歩きたい。でも、そういうスタイルを維持するには相当の覚悟がいるし、お金もかかる。歯医者の仕事もできなくなる。

かわいいね〜だけだったらいいんだけど、余計な説教されたり、勝手に触られたりするのはすっっごく嫌!!自分がされたらどう思う?なんで赤ちゃんなら許可なく触っていいって思うの?

大人しそうな女だからって舐められて舌打ちされたり、怒鳴られたりするのはもっっっと嫌だよね!!!まだそんな目にはあったことがないのに、想像するだけでキレそうになるくらい嫌だ!!!!

本当は赤ちゃんに景色を見せたいのに、駅や人の多い所では声かけ人間が嫌すぎるあまりベビーカーのシェードを一番下まで下げてしまうし、昨日も公園にいたら老人の集団が近くに来たので、赤ちゃんをあやすフリしてそっと距離をおいた。

この緊張感から開放されたいよ。すごくストレス。どうしたらいいですか?

夫がバキバキのマッチョになって、タンクトップ姿でいつも隣で仁王立ちしててくれないかなって思う。

週刊ゆふあや 7センチの靴下

水曜日

出産前に用意していた赤ちゃんの靴下。大きさは7センチ、足の甲の部分にくまのぬいぐるみみたいなのがくっついている、とってもかわいい靴下。それにようやく、赤ちゃんの足のサイズが合ってきた。一生懸命ミルクを飲んで、大きくなったんだね。

新生児の頃は、履かせたそばからポロリと脱げてしまう程にブカブカで。病院に連れて行く時は、足先までダウンで包んで連れて行った。寒さで弱ってしまわないかと心配で心配で、緊張したなあ。

同じくブカブカだった新生児用の帽子。これも前よりはフィットしてきているけど、もう少しかな。まだフチを折らないと目が隠れてしまうし、いつの間にかクルクル回っている。

 

木曜日

映画「ガンズアキンボ」を見た。プライムビデオで100円セールだったので。

ネットで過激な書き込みをするのが生きがいの男が、両手にボルトで拳銃を固定する手術をされて、ネット配信のデスゲームに無理やり参加させられる話。いかにもB級なあらすじで好みなのだが、出オチ感は強い。2丁拳銃人間ならではの戦い方とか見たかったな。

とりあえず、主演がダニエル・ラドクリフだから見ていられた。ハリー・ポッターの「正義感溢れる、魔法界に選ばれし少年」のイメージが強すぎるから、変な役で可哀想な目にあっているだけで結構面白いのだ。きっとオファーは沢山あるだろうに、イメージを払拭するためにわざとこういう役を引き受けてるのかな。

スイス・アーミー・マン」も変な役だけど、こっちは超いい映画。大好き。

 

金曜日

映画館で「ナイトメア・アリー」を見た。

シェイプ・オブ・ウォーター」と「パンズ・ラビリンス」ですっかりデル・トロのファンになったので。

私は色んなことが怖いのだが、その全ては辿っていくと、結局「自分という存在の無力さ」に帰結する。私の権利なんて、その瞬間がくれば簡単に踏みにじられてしまうのだという事実が、何より怖い。だからあまりニュースも見ていられない。毎朝ラヴィット!見てる。

デル・トロの映画は、私や、その他の「踏みにじられる人」に向けられていると感じる。だから、本来なら遠ざけたい、私の根源的な恐怖を刺激する嫌な存在なんだけど、それと同時に寄り添ってくれるようなものでもある気がして、めちゃめちゃ怖いのに、なんかクセになって見てしまう。とても面白かった。

「ナイトメア・アリー」の主人公みたいな奴は現代にも沢山存在していて、中にはテレビに出たり本を出したりしている人間もいる。いくら綺麗な服を着ていたって、中身は獣みたいな奴らだよ本当に。

 

土曜日

友人が骨董店をオープンしたので遊びに行く。産休に入って以降、世間と隔離された生活をしているので、友人と会って話せて楽しかった。赤ちゃんもずっと機嫌が良くて、ほっとした。

帰りに「わらび餅」ののぼりが立っている和菓子屋があったので、買って帰ることにした。入店し、早速注文しようとすると、店員に大きなわらび餅が3つも乗った皿を半強制的に渡される。「どうぞ食べて下さい」と言われ、困惑しながらも食べた。美味しかった。美味しかったが、こんなに食べたら、もうこれ以上わらび餅はいらない。買うものが無くなってしまった。しかし、3つも試食しておいて買わずに出るというのも難しいので、いちご大福を買って退店。

なんか変な店だったな。わらび餅もいちご大福も美味しかったからいいけど、不味かったらかなり嫌な気分になっただろうと思う。

 

日曜日

とても寒い。雨も降っている。

外に出ず、家で裁縫をして過ごした。作っているのは赤ちゃんのスリーパー。スリーパーというのは、就寝用のベストみたいなやつ。足をよく動かすようになって掛け布団を蹴ってしまうので、体が冷えないように着せるのだ。肌寒い日にも、クーラーを使う時期にも、重宝することだろう。

最近は足の動きが活発になったほか、クーイング(アーとかウーとか発声すること)をよくするようになった。赤ちゃんがクーイングをしたら反応してあげると喜ぶと本で読んだので、赤ちゃんがアーと言ったらアー、エーウと言ったらエーウと返答することにしている。

 

月曜日

今午前4時46分なのだが、赤ちゃんが約2時間全力で泣き続けている。やれることは全部やったが、ずっとデッケー声で泣きわめくし、顔も引っ掻かれて、さすがにムカついてきた。妊娠前はこういう苦労も憧れだったが、今はとにかくどうしたら長く寝るかということばかり考えている。

抱っこ紐に入れると確実に寝るのだが、布団におろそうとすると、その気配を敏感に察してまた全力で泣き出す。そんなに抱っこがいいのかい。かわいいね。でも、横になるのもいいもんだよ。そう語りかけるが、赤ちゃんは叫ぶように泣いているのでその耳には届いていないだろう。

それにしても、こんなにデカい声で泣き続けて、よく喉が潰れないな。私はカラオケに行っただけで次の日喉がおかしくなるから羨ましいよ。

(結局次のミルクの時間まで泣き続けた)

 

火曜日

今日も深夜から早朝にかけて、赤ちゃんが泣き続けた。抱っこしてバランスボールに乗ると泣き止んで、置くとまた泣き出すというのを何度も何度も……本当に何度も何度も繰り返して嫌になったので、「もう知らない!一人で寝てねっ!」と捨て台詞を残して部屋のドアを閉め、別室でチョコパイを食べた。そうしたら少し気分が良くなったので、また部屋に戻り号泣赤ちゃんを抱っこ。結局次のミルクまであやし続けた。

午後から助産師訪問の予定だったのだが、「今日は行けなくなったので、明日になったら次の日程を決めるための電話をします」という電話が来た。全体的にン??と思ったけど、どうでもいいのでハイと言って切った。

昼食にいなり寿司を作った。初めて「すしのこ」を使ったんだけど、混ぜるときクサすぎない!?混ぜ終わったら何ともないけど、粉の状態があまりにもケミカルな刺激臭なので、かなりビビった。